空間プロデュース事業部

麻生 イーグルアートシティ

およそパチンコ店舗とは想像も付かないハイグレードな外観。百貨店か高級ホテルのイメージ。交差点角地も照らす照明の変化が圧巻!!

通路幅も“ゆとり”の設計。天井はフラットではなく、敢えて視覚効果を狙ったデザイン性の高い演出&照明で差別化&アイキャッチを・・・。

遊技フロアは1Fのみの1フロア。パーキングから入店する共有部分に配置された『CAFE―at+e』。レストコーナーとして機能。

『CAFE』同様に遊技スペースとは敢えて離隔した個別空間として設計された“落ち着きのフード&ドリンクの場”『E―ダイニング』

オープンサッシを全面採用したシンメトリー半分は2~7Fが立体自走式の駐車場、設置機械台数604台より遙かに多くの台数規模を連想させる。

事例詳細Case Study

施設名
麻生 イーグルアートシティ
オープン
パチンコ380台 スロット224台 計604台   2006年10月オープン
住所
北海道札幌市北区北37条西5丁目1-30

アクセスAccess

事例一覧に戻る

TOP